初心者が抑えるべきコピーライティングのコツ

初心者が抑えるべきコピーライティングのコツ

こんにちわ、すみっこがっきです。

ネットビジネスに限らず、分かりやすい文章を書けるようになりたいですよね。。。

僕もこの記事を書いている時点でもうまい文章がなかなか書けなくて悩んでいます。

そして、悩んだ結果、一つわかったことがありました。

 

考えすぎて、複雑になっている

僕の場合、あれこれ言いたいことを一つの文章に入れて書いてしまう癖があることに気がつきました。

しかし、これでは、何が言いたいのか読み手に伝わりません。

そこで、「もっとシンプルに書く」ことを意識することにしました。

 

よく考えるけれども表現はシンプルに

考えた過程をそのまま書いてしまうと、要点が定まらない、読みにくい文章になってしまいます。

確かに、物事を伝える際には、よく考え、発信していかなければならないのは事実です。

でも、発信する段階まできたら、いかに考えたことをシンプルに分かりやすく伝えられるかが勝負なのであって、

自分はこんなに複雑で難しいことを考えたんだぞ!

ということをアピールする場所ではないのです。

ですので、せっかく深いとこまで考えたのならば、今度はそれを分かりやすく伝えるにはどうしたらよいかを工夫する必要があるわけです。

 

まとめ

よく考え→それを表現する  という構図から、

 

よく考え→(分かりやすくシンプルに工夫して)→表現する

 

いかに分かりやすくシンプルに表現できるかというフィルターを一度通すだけで、だいぶ文章も簡潔にまとまりのある文章になってくるのではないでしょうか。

 

 

追伸

僕は悩みました。だって、センター試験の国語の試験とか、分かりにくい文章ばっかじゃん。なんであんなに分かりにくく書くの?って。

そういう試験ばっかり受けてきたから、とにかく難しいことを難しく書けばいいと思っちゃいましたよ、当時の純粋な僕は(笑)

でも、試験とかで使われる文章って、やはり特殊というか、書き手の立場から考えると、他の人と同じような文章を書いていたら、世の中の人に読まれなくなってしまうんじゃないかとおもってわざと、難しく書くんですよね。それを読み解くのがまた楽しいとか楽しくないとか(読書嫌いな僕からしたらただの読みにくい本)。

ただし、こうやってインターネットで情報発信するのであれば、わざわざ難しくする必要はないんですね。というより、分かりやすく書かないと読んでもらえませんからね。

って書いているこの文章も、知っちゃかめっちゃかで・・・文章を書くってなんて難しいんだ・・・。終わり。

 

関連記事

  1. アフィリエイトをするためのマル秘稼げるサイトテーマ

  2. アフィリエイトでライティング力を上げるためのコツ5選!

  3. サイト・ブログ初心者がまず覚えるべきHTML4選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトでは公開できない、     メルマガ読者限定30本の動画教材を無料配布中「ビジネス思考への転換プロジェクト」

サイトでは公開できない、     メルマガ読者限定30本の動画教材を無料配布中「ビジネス思考への転換プロジェクト」

ほぼすべてのアフィリエイターが使うA8net

僕も使っている自動化システム