SNS運用基礎知識:FacebookとFacebookページの違いとは?

FacebookとFacebookページの違いとは?

こんにちわ、すみっこがっきです。

今日は、意外と知らない、FacebookとFacebookページの違いについて解説したいと思います。

 

Facebookページとは

Facebookは、通常、個人アカウントと、個別ページに分かれています。

個人のアカウントの方は、家族や友達などとつながるプライベートなものに対して、

個別ページは、一つのジャンルに特化させることができる、ビジネス用のページです。

このページを作成することで、同じ趣味を持った人とつながることができるので、

ピンポイントに情報を欲している人に届けたい情報を、届けることができるのです。

Facebook個人アカウント

👇

稲垣悠一郎と書いてあるのが、個別のアカウントです。

一方、その下のすみっこがっきと書いてあるのが、個別ページになります。イメージとしては、企業のFacebookページと同じイメージです。企業のページをいいねすると、企業の投稿した情報が流れてくると思います。それと同じく、個別ページにいいねをしてもらうと、個別ページに投稿した記事がいいねをした人に流れる仕組みです。

ですので、いいねをしてもらわない限り、いくら投稿しても拡散はしません。

 

 

まず、Facebookページを作成というボタンをクリックしてください。


実際にページ名、カテゴリを選択して、ページの運用開始です。

ページを作ったらまずは、自分の友達にいいねしてもらいましょう。

そうすることで自分のページの認知度がどんどん上がってきます。

 

関連記事

  1. HIKAKIN(ヒカキン)氏も導入してるアフィリエイトは儲かるのか

  2. ネットビジネスにおけるブランディングはなぜ胡散臭いか

  3. 顧客が求めているものを知るためにはどうすればいい?

  4. アフィリエイト・ブロガーにおすすめの無料写真ダウンロードサイト

  5. まずは10万円稼ぐMMクラス(Making Money Class)開…

  6. アフィリエイトをするためのマル秘稼げるサイトテーマ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトでは公開できない、     メルマガ読者限定30本の動画教材を無料配布中「ビジネス思考への転換プロジェクト」

サイトでは公開できない、     メルマガ読者限定30本の動画教材を無料配布中「ビジネス思考への転換プロジェクト」

ほぼすべてのアフィリエイターが使うA8net

僕も使っている自動化システム