バカを騙す情報商材ビジネスはバカがいないと成り立たない。

自分はこうやって儲かった。じゃあお金を払え。

僕は怒ってます!!!笑

なんでこんなにネットビジネス関係はこんなにも情報弱者を搾取する商材ばっかなの???

こういう商材ってバカをターゲットにするんですよね。

しかもこのバカはお金に貪欲なので、さらに情報弱者を搾取しようとする。

このルーティーンです。

日本人の誠実さは本当にどこに行ったんでしょうかね。

皆さんもそんな情報弱者にならないように、このような情報商材の特徴を教えます。

 

ステップ1 こんな私でも稼げるようになりました

人生どん底。借金地獄。底辺。

そんな状態から私は這い上がりました。

みたいなストーリーからまず決まって入ります。ここで共感を得るんですよね。

実際、借金やお金に困っている人は国民の2000万人ほどもいると言われています。

だから、そんな情弱を相手にして、それでお金を稼いでいるんです。

こんなの何も価値を提供していませんし、ちっとも社会に貢献してません。

これはネット起業なんて言えませんよね、

そしてこんな私でも稼げるようになりましたという話は作り話が多いです。

 

ステップ2 あなたも仲間になって稼ぎませんか?

そして次は、一緒のコミュニティーで頑張っていこうと、誘われます。

もちろん何十万も払わないと入れません。

一種の洗脳ですね、ここまでくると。

僕自身見たコミュニティでは平気で法律上やってはいけないことに手を出している事実にびっくりしました。

法律上やってはいけないことだと気づいている場合はまだいいんですが、

開き直って、違法な行為に手を染めている場合はもう、最悪です。

 

ステップ3 この商材を売ったらあなたにもバックマージンとしていくらか渡します。

ここまでくると、一種のネズミ講です。友達をこのコミュニティに誘ったら、10万円渡します。

みたいなやつです。もう商材の内容なんてどうでもよくなりますよね。

ネズミ講は立派な犯罪です!!!

 

 

以上のような情報商材アフィリエイトははっきり言って起業ではないです!

犯罪であるネズミ講や違法なマルチ商法の被害者から加害者へと変わっていく場合があるんです。

ネットでかもを見つけてくる必要がある。

法律を勉強している僕が善悪の話をするのは、あまり好きじゃないんですが、

日本人なんだから、善悪で考えてみましょうよ。

人を騙すというのは悪ですよ。

まさに悪徳商法という言葉がそのまま似合います。

 

 

善悪の判断がわからなければ、確実な方法が一つあります。

それは、自分が死ぬときに、自分がやったこと・やってきたことを誇らしく思えますか?

ということです。

もし誇らしく思えないのであれば、それはやめたほうがいいです。

 

この投稿を見ているすべての人が、詐欺師にならないように祈っております。

 

関連記事

  1. お金の哲学・一番重要なのは稼いで何がしたいか

  2. ネットビジネスの仕組みは本当は素晴らしい件

  3. 自分の思っていることが当たり前ではないことを認識する必要性

  4. 自己解決能力を高めて情報弱者から脱却せよ

  5. ネットビジネスにおけるブランディングはなぜ胡散臭いか

  6. 個人が大企業に勝てるブランディングは高価格戦略しかない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトでは公開できない、     メルマガ読者限定30本の動画教材を無料配布中「ビジネス思考への転換プロジェクト」

サイトでは公開できない、     メルマガ読者限定30本の動画教材を無料配布中「ビジネス思考への転換プロジェクト」

ほぼすべてのアフィリエイターが使うA8net

僕も使っている自動化システム