初心者がサイトを作る際に気をつけるべき3つのこと

最初を間違うと後々めんどくさいですよ

こんにちわ、すみっこがっきです。

 

今日は、サイトアフィリをしよう、または何かに特化したサイトを作ってみようと

 

思っている方が、まず気をつけるべきポイントを3つ書きます。

 

ポイント1 意味のないペラサイトにはするな

ペラサイトとは、1枚のセールスレターのようなものになっているサイトのことを言います。

その内容は薄く、ただ売りつけるようなペラサイトを作るのはオススメできません。

いいペラサイトと、悪いペラサイトがあります。

いいペラサイトは、複数ページからなり、ちゃんと情報を盛り込んであるものです。

これは、アクセスが集まってくれば、上位表示も可能です。

しかし、意味もなく、ペラサイトをただ作りまくればいいみたいな、そういう意味のないことはやめましょう。

 

ポイント2 1サイト1ジャンルの法則

僕は、ここで失敗しました。何でもかんでも、すべてブログのようにいろんなジャンルを1つのサイトに扱うと、結局、これって何のサイトなの? と、読者がわかってくれないんですよね。

だから僕は、このサイトをオープンしました。

つまり、このサイトは、「初心者に向けたネットビジネスの教科書」です。

ネットビジネス以外のこと、健康食品とか、保険とかクレジットカードとか、

そういう特集は組んでいませんよね?

このサイトは、「ネットビジネス」に特化したサイトなのです。

その方が、訪問者が何のサイトなのか簡単に理解してくれるのです。

最初は、いろいろなコンテンツを入れたいと思いがちですが、

思い切って、1サイト1ジャンルに絞ってみましょう。

 

ポイント3 記事の量産よりも記事の質を磨け

これも僕の失敗談からです。

とにかく最初は、記事を書いてサイトを強くすることが重要だと、ネットに書いてあったので、

とりあえず記事をアップし続けました。

しかし、思ったようにアクセスは来ず・・・

それもそのはず、ちゃんとした記事を書いていなかったんです。

ちゃんとした記事を1個書くのと、どうでもいい記事を10個書くのでは、

明らかに前者の方が、価値がありますし、読んでもらえます。

余談ですが、サイトを強くしていくには、

読者がどのくらいの時間、このサイトに滞在したかも関係があります。

つまり、どうでもいい記事を書いて、すぐに離脱されるよりも、

ちゃんとした記事を1個書いて、じっくり見てもらった方が、

Googleはあなたのサイトをより評価してくれるのです。

もちろん記事の数は大事です。

でも、それは、ちゃんとした内容の記事があってこその話です。

ここを履き違えないようにしてください。

 

この3つのポイントをしっかりと意識することで、どんなサイトもアクセスが来るようになってきます。

 

正しいやり方で粘って粘って、情報発信を続けましょう。

 

最初はみんな0から始まるんです。

 

大企業だって、0から始めるんです。

関連記事

  1. wordpress の固定ページ の意味は?間違ってはならない使い方

  2. WordPressのウィジェットに画像・プロフィールを挿入する方法

  3. サイト・ブログ初心者がまず覚えるべきHTML4選

  4. WordPressのおすすめ無料テンプレートXeory-Baseがすご…

  5. 1年間ロリポップサーバーを使ってみての感想と口コミ

  6. サイトアフィリエイトのコツをつかんで収益を10倍にする方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトでは公開できない、     メルマガ読者限定30本の動画教材を無料配布中「ビジネス思考への転換プロジェクト」

サイトでは公開できない、     メルマガ読者限定30本の動画教材を無料配布中「ビジネス思考への転換プロジェクト」

ほぼすべてのアフィリエイターが使うA8net

僕も使っている自動化システム